勉強が苦手な中学生のお子さん向けにおすすめなタブレット学習徹底比較!メリット・デメリット口コミも

こんにちは、hayanemiです。

今回はタブレット学習についてご紹介します。

オンラインのタブレット学習と紙の学習についての違いはまた別の機会にお話ししたいと思いますが、
中学生になって勉強に対して苦手意識がある子が勉強習慣をつけるのにオンラインのタブレット学習はありです!

  • 専用タブレットの有無
  • 紙学習の有無
  • 学習サポートについて
  • 料金

について比較してみました。

どういったものがあるのかを知って、お子さんに合ったものを試してみましょう。

スポンサーリンク

勉強が苦手な子でも勉強習慣がつくオンラインタブレット学習とは?

オンラインタブレット学習とは、おうちでタブレットを使ってオンラインで勉強するものになります。

タブレットは今や家族一人に一台持っているくらい普及していますね。

わが家にもタブレットは子どもの学習用も含めると4台あります。

タブレット学習は毎日取り組みやすいよう、ゲームで学習できるものがあったり開いただけでタブレット内で使えるポイントがもらえたりと自然に毎日の学習習慣がついていました。

タブレット学習のメリットは、

  • 映像を目で見ることができるのでわかりやすい
  • 勉強に関するゲームもあり子どもが興味を持ちやすい
  • 勉強以外の様々な情報もあり楽しんで勉強できる

オンラインタブレット学習には

  1. 動画授業中心のもの
  2. タブレット上で問題を解く

大きく分けてこの二つになります。

レベルやタブレットの使い方等も考慮して、お子さんに合ったオンラインタブレット学習を選びましょう。

中学生版オンラインタブレット学習の比較

オンラインタブレット学習は、子どもが感じる勉強へのハードルを下げてくれます。

いざ勉強しようって思っても何から始めたらいいのか、どうやったらいいのかとそこで止まってしまって結局何もできないということもあるでしょう。

タブレットを開けば、今日やらなければいけないことを教えてくれます。

毎日タブレットを開くだけで、気づいたら勉強習慣がついているのです。

進研ゼミプラス中学生講座 ハイブリッド

進研ゼミプラス中学生講座 ハイブリッド

進研ゼミは紙教材ベースのオリジナルスタイルとタブレットと紙の両方のハイブリットスタイルがあります。

タブレットには定期テスト対策だけではなく、勉強を定着させるような工夫がたくさんされています。
そのため、学習習慣がない子にとってまずはタブレットを開く習慣をつけてあげることができるでしょう。
高校受験の志望校合格率97.6%であるのも心強いですね。

動画の講義と問題を解くのの両方でき、紙の問題を解いて写真を撮って添削してもらうこともできます。
やる気のある子はどんどん問題を解いていくことができるでしょう。

スタンダードコースとハイレベルコースがあるので、自分のレベルに合わせたコースを選ぶことができます。
学年の上位を目指す子には物足りないという意見もあるようです。

専用タブレット
紙学習
学習サポート 〇(スケジュール作成・

ネットで質問し放題)

無料体験
料金 5,980円~(9教科)

Z会

中学生のためのZ会

Z会は将来的に東大や京大といった難関大学を目指せる力をつけるのに向いており、高い合格実績を持っています。
講師陣もレベルが高く、思考力を問うような応用問題が多いようです。
暗記しただけでこたえられるような知識をこたえるものではなく、知識を組み合わせながら解いていくような本当の力が試されるといってもいいでしょう。

本講座は学年の枠を超えて受講することができやる気のある子は中学のうちに高校の問題まで進むことも可能です。
基礎レベルがわかっていない子にとっては、より勉強が苦手と感じてしまう可能性もあります。

講義は10分~30分程度で、タブレットを見ながら問題を解いたり、テストも受けることが可能です。
講義は1.3倍速で見ることもでき、部活がある子も時間を有効かつゆすることができるでしょう。

タブレットで学習した内容は記憶されるので、どの問題でミスしやすいかといったことを把握してくれオリジナルカリキュラムも提案してくれます。

専用タブレット
紙学習
学習サポート 〇(スケジュール作成・

ネットで質問し放題)

無料体験
料金 2,294円~(1教科)

スマイルゼミ

◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育



スマイルゼミは進研ゼミとタブレットできることはほぼ一緒になります。

ただし、スマイルゼミはすべての学習がタブレットに入っているので紙での教材はありません。
タブレットと紙と併用したい人には向いていないといえるでしょう。

タブレットの使用感は満足度が高いようで、英語や漢字の書き取りがスムーズで読み込んでくれないといったストレスはあまり感じなくて済むようです。

主要5教科だけではなく、副教科もタブレット学習することができるのがいいですね。
学年の枠がなく、追加料金なしで受講も可能です。

レベル的には平均70点以上を目指している子向きになります。

専用タブレット
紙学習 ×
学習サポート 〇(学習進捗通知)
無料体験
料金 5,980円~(9教科)

スタディサプリ

スタディサプリ中学講座

スタディサプリは上記の3社が専用タブレットを使うのに対し、自宅のパソコン、タブレット、スマホを使うことができる点が大きな特徴です。
申し込んだその場で始めることができ、費用的には一番安くなります。

ただし、専用端末でないため、ネット検索やゲームといった誘惑があるということを覚えておきましょう。
学校のオンライン授業でも取り入れているところが多いようです。
わが家も高校、中学それぞれ学校から案内をもらってパソコンにスタディサプリをいれました。

ベーシックコースは映像のみになりますが、個別指導コースはそれに加えて教材と担当コーチが学習のスケジューリングをしてくれます。
学年の枠を超えて学習も可能です。

有名講師陣による子どもを飽きさせないような面白い講義をしてくれます。
14日間無料で試せる無料体験コースもあるので、タブレット学習を試したいというひとはやってみるといいでしょう。

専用タブレット ×
紙学習
学習サポート 〇(学習進捗通知)
無料体験
料金 1,980円~(5教科)

まとめ

今回は中学生のタブレット学習について比較してみました。

子どもが今どれくらいのレベルで、何を目指すのかを把握することが大切です。

それぞれ独自のサービスがあり、どれを選んだらいいのかと悩んでしまうかもしれませんね。

百聞は一見に如かずなので、まずはおこさんと無料で試せるものは試したり資料を比較してやってみるといいかもしれません。

勉強習慣をつけて、高校受験、大学受験を見据えて毎日力をつけていきましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました