住信SBIネット銀行の登録方法~スマート認証NEOについて

イベント・生活ニュース

こんにちは、hayanemiです。明日引き落としがあるから銀行口座にお金を入れておかなくちゃ!とか急な振り込みで近くの銀行で振り込んだらめっちゃ手数料とられたなんて経験ないですか?

結婚前に作った銀行をメインバンクにしているのですが、コンビニでは預け入れができなかったり自分の口座なのに手数料とられたりと焦ったり嫌な思いをしていたんです。

ネット銀行を作ったおかげでコンビニで入出金ができたり、振込手数料もお得になりました。いろいろなネット銀行がありますが、私が愛用している住信SBI銀行の登録方法とスマホで振り込みができるスマート認証NEOについて紹介していきます。

スポンサーリンク

住信SBIネット銀行の登録方法

住信SBIネット銀行はオンラインで口座開設ができます!

登録に必要なもの
スマホ
顔写真付きの本人確認書類(運転免許証orマイナンバーカード)
  1. WEBサイトから口座開設の申し込み
    s※引用元:住信SBIネット銀行
  2. 質問に答えて本人確認方法を選択
    スマホのカメラで撮影 or 郵便受取時に身分証明書を提示
    (今回はより登録がスムーズなスマホのカメラで撮影で進めます)
  3. 確認事項を読み同意をクリック(チェックも忘れずに!)
  4. 電話番号確認
    SMSが受信できる携帯番号を入力
    に認証コードを送信をクリック
  5. 本人確認情報を入力後撮影開始
    本人確認書類
    顔の正面写真
    首を動かしての動画撮影
  6. 撮影ができれば自動的に手続き完了

登録したメールアドレスに翌日から3営業日程度で口座開設結果メールが届きます。

初期設定完了後に取引ができるようになるので初期設定もしていきましょう。

初期設定

始めてログインするときに

  • WEBログインパスワード
  • WEB取引パスワード
  • キャッシュカードの暗証番号

の設定をしていきます。

必要なもの
口座開設時に入力したユーザーネーム
初回ログインパスワード
その他振込限度額の設定
当座貸越設定
取引時確認項目の設定
全て完了したら取引ができるようになります!!
カードが手元に届くのは申込手続き完了後に簡易書留郵便で一週間ほどで届きますよ。
hayanemi
hayanemi
ログインパスワードはログインするときにユーザーネームと一緒に必要になります。取引パスワードは振込をするときに必要となりますので忘れないようにメモしておきましょう
スポンサーリンク

スマート認証NEOについて

スマート認証NEOはアプリを使って振込ができるようになります。いちいちユーザーネームとログインパスワードを入力する必要がないので振込をすることが多い人は絶対登録しておいた方がいいですよ!!

必要なもの
スマホ(タブレット)
WEB取引パスワード
  1. アプリをインストール

    ※すでにアプリを利用中の場合は画面の左上にスマート認証NEOのボタンがあるのでそこから登録するを選んでください!
  2. スマート認証を利用するを選択
  3. 本人認証の画面になるので携帯電話の番号でSMS認証↓本人確認完了
    利用時の認証方法を選択
    生体認証 or PINコード
  4. セキュリティ設定
  5. 設定完了

5分もかからず設定できるので口座開設後すぐに登録しておくと便利ですよ。

手数料の無料回数

ネット銀行の魅力は便利さはもちろんですが振込手数料の安さです。私も実際に利用して手数料がメインバンクから振り込むよりもお得なので助かっています。

手数料には

  • ATM利用手数料
  • 振込手数料

があります。住信SBIネット銀行ではランクによって手数料の無料回数が変わってきます。詳しくはこちらで確認してみてくださいね。スマプロランクについて

スマート認証NEOを登録すればランク2になります。

ランク2になると
ATM利用手数料も振込手数料も月5回無料(住信SBIネット銀行への振込は無制限で無料!)

では無料回数が過ぎてしまった場合はというと

ATM利用料 110円
振込手数料  77円

私が利用していたメインバンクの手数料は220円だったのでそれに比べるとかなりお得です。ただし、ATM利用料はメインバンクは無制限で無料だったので住信SBIネット銀行で入出金するときにはなるべくまとめてするようにしています。

まとめ

今回は私が利用している住信SBIネット銀行の登録方法とスマート認証NEOについてご紹介しました。ネット銀行を一つ持っていると銀行に行かなくてもスマホで振込ができるのは本当に楽です。残高もすぐに確認できるのもとっても安心。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました