【0~3歳向け】保育園・幼稚園で読まれているおすすめ人気絵本まとめ

【0~3歳向け】 保育園・幼稚園 おすすめ人気絵本 絵本

こんにちは、hayanemiです。保育園や幼稚園で読まれている人気絵本をおうちでも読んであげたいなぁって思いませんか?保育園や幼稚園で読まれている絵本は、自然と子どもが口ずさんだり子ども心を上手につかむものを選んでいるようです。

おうちでは読んでないようなジャンルの絵本を選べたりするのもいいですね。

今回はたくさんある絵本の中からどんなものを選んでいるのかリサーチしてみました。子どもが喜ぶ絵本選びの参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

保育園・幼稚園で読まれる絵本とは?

保育園・幼稚園ではどんな本が読まれているのでしょうか?0歳から3歳なら物語よりも反応がよくてマネっこしやすいものを選ぶことが多いようです。擬音語や擬態語、何度も同じ言い回しが使われているものなど・・・。

オノマトペが使われていたり、動物や車といった子どもたちが好きなものが主役の絵本も喜ばれるでしょう。

年齢別に保育園や幼稚園で読まれている絵本を見ていきましょう。

0歳におすすめ人気絵本

0歳におすすめの人気の絵本は、0歳の子の情緒を豊かにしたり、頭や心の発達を促してあげるような絵本です。言葉をまだ理解できるわけではないので、心地よいリズムや言葉の物や興味を示すような色や形の絵本が選ばれています。

じゃあじゃあびりびり  [ まつい のりこ ]

じゃあじゃあびりびり  [ まつい のりこ ]

ページをめくると身近なものと絵があり、リズミカルな文なので繰り返し読んであげたい本です。ハードカバーなので、子どもが舐めてもひっぱっても簡単には破れないので初めての絵本にぴったり。

「これは〇〇ちゃんのえほんです」で始まり、読んであげると自分の絵本なんだってとっても喜んでいました。絵本体験させてあげ安い絵本なので、絵本と一緒を子どもたちが楽しんでいてよく読んでいました。

とっとことっとこ  [ まついのりこ ]

とっとことっとこ  [ まついのりこ ]

いろいろな動物が出てきて、くつをはいてとっとことっとこというリズミカルな言葉が繰り返される絵本です。ただの繰り返しではなく、動物によって回数が違ったり文字の大きさが違うので、ママもそれに合わせて読み方を変えてあげるとさらに子どもは喜びます。

つかまり立ちや少し歩き始めそうな子にはぴったりの絵本。足を動かしたときにとっとことっとこって言ってあげると子どもたちは嬉しそうに歩いていました。

まついのりこさんの絵本は他にもバイバイも0歳にはおすすめです。この本を読んで売買ができるようになったという子もいました。

もこもこもこ  [ 谷川俊太郎 ]

もこもこもこ  [ 谷川俊太郎 ]

しーん、もこもこ、にょきにょき、この絵本は繰り返し読むことで子どもも大人も不思議な魅力にはまってしまうそんな絵本です。もう一回読んでって言われて一日に何度何度も読んだこともありました。

きれいな色彩と不思議な言葉に子どもたちは大喜び。

谷川俊太郎さんの絵本で子どもたちに大人気の絵本に、おなら歌というのがあります。子どもが思わず笑ってしまうような絵本です。

くだもの  [ 平山和子 ]

くだもの  [ 平山和子 ]

果物の全体の姿と切り分けた姿が描かれていて、果物の外と中身を知ることができる絵本です。さあどうぞという言葉があり、子どもは嬉しそうに食べる真似をしていました。

幼稚園や保育園で読んだときには、園児がいろいろな食べマネをするのがかわいいそうです。絵本と同じように、さあどうぞといって果物を出してあげて絵本体験をさせてあげましょう。

他にもやさい、おにぎり、いちご、まめ、たんぽぽ、落ち葉といったシリーズがあるので子どもの興味に合わせて読んであげるのもいいですね。

1歳におすすめ人気絵本

1歳におすすめの人気絵本は、内容がシンプルでマネしやすく繰り返し楽しめる絵本です。少しずつ言葉が出てきて意味が分かるようになる時期だからこそ、絵本を通じて言葉を増やしてあげられるような絵本が選ばれています。

きんぎょが にげた  [ 五味太郎 ]

きんぎょが にげた  [ 五味太郎 ]

きんぎょを探していく絵本で、カラフルな絵といろいろなところにかくれるきんぎょに子どもたちはとりこです。飽きることなく何度も読みたがる絵本で、グッズもたくさん出ていて我が家にもあります。

かわいい指で「ここ!」と指さして教えてくれる幸せな瞬間。ぜひ楽しんでください。

ちびゴリラのちびちび  [ ルース・ボルンスタイン ]

ちびゴリラのちびちび   [ ルース・ボルンスタイン ]

柔らかな色彩で描かれる動物たちは、それぞれの特徴をよくとらえていてとてもユーモラスです。自然と子どもを抱きしめたくなるような愛情いっぱいの絵本で、大好きを伝えながら読んでいました。

子どもたちが自分は愛されていると自然に感じることができる絵本で、読んでいるママも幸せな気持ちになれるそんな一冊です。

どんどこももんちゃん   [ とよたかずひこ ]

 

どんどこももんちゃん   [ とよたかずひこ ]

どんどこどんどことリズミカルな文と急いでいるももんちゃんに子どもたちは絵本に引き込まれます。園で読むとどうしてももんちゃんは急いでいるのなんて声も上がるそうです。

最後にお母さんに会えるところではよかったねと笑顔になれる一冊です。どんどこももんちゃんシリーズもでているので、ももんちゃんの世界をもっと楽しむことができます。

おふろでちゃぷちゃぷ  [松谷みよ子]

 

おふろでちゃぷちゃぷ 【 松谷みよ子 】

絵と文を楽しませてあげたい1冊です。読むときにただ淡々と読むのではなく、どこいくの、いいとこいいとこに間を持たせることで絵を見ながらゆっくりページをめくって楽しむことができます。

この絵本のマネをして「あたまあらってきゅーぴーさん」をよくやって喜んでいました。お風呂が楽しくなるそんな絵本です。

スポンサーリンク

2歳におすすめ人気絵本

2歳におすすめの人気絵本は、2歳は言葉が上手になりいろいろな遊びを覚えることができる時期です。イヤイヤ期ともいえる大変な時期だからこそ、絵本を活用していきましょう。

子どもが一緒に楽しめるものや少し長い物語も楽しめるようになる時期です。

こぐまちゃんのみずあそび   [わかやまけん]

こぐまちゃんのみずあそび   [ わかやまけん ]

子どもたちの大好きな水遊びをこぐまちゃんとしろくまちゃんがやっているこの絵本を読むことで、自分も同じように水遊びをやっているように子どもはとても楽しんで聞いてくれます。

黄色、緑、オレンジ色の3色がグレーのこぐまちゃんとしろくまちゃんを際立たせ、子どもたちに親しみを持たせてくれる絵本です。

 14ひきのひっこし  いわむらかずお

 14ひきのひっこし  いわむらかずお

14ひきのねずみの家族がとても繊細に描かれていて、読めば読むほど絵本の魅力に引き込まれるような絵本です。表紙にねずみの子どもたちの名前が書いてあり、名前と服装を覚えて楽しそうに子どもたちが一匹ずつを見ていました。

14匹シリーズが出ており、子どもたちは図書館で全シリーズ読んだり借りたりしてこの絵本にはまっていました。何度読んでも飽きない、新しい発見があるそんな絵本です。

ねずみさんのながいパン [ 多田ヒロシ ]

ねずみさんのながいパン [ 多田ヒロシ ]

ねずみさんがながいパンをもってどこに行くのかなって子どもたちを引き込む絵本です。いろんな動物が家族で食事をしている姿に、子どもたちは指をさしながら楽しんでいました。

ページをめくるのが楽しく、ねずみさんと一緒にドキドキワクワクしながら読み進めていける、そんな1冊です。

なにをたべてきたの?  [ 岸田衿子 ]

なにをたべてきたの? [ 岸田衿子 ]

しろぶたくんがなにか食べに行くところ、で子どもたちは何を食べに行くんだろうという期待感をもって絵本を読み進めていきます。食べるたびにしろぶたくんのおなかの色が変わり、子どものワクワク感が高まり、石けんを食べるところでは初めて読むときには思わず声が出てしまうような衝撃です。

カラフルな色合いと、しろぶたくんの表情に引き込まれ長く楽しめるような絵本です。

3歳のおすすめ人気絵本

3歳におすすめの絵本は、人間関係がぐっと広がる時期だからこそ、感情豊かな絵本がおすすめです。なんで、どうしても増える時期だからこそ、子どもの好奇心をくすぐるような絵本をいっぱい読んであげましょう。

ぐりとぐら   [ 中川李枝子 ]

ぐりとぐら   [ 中川李枝子 ]

ぐりとぐらの絵本は、子どもがマネしたいことがいっぱい詰まっています。ぐりとぐらがふらいぱんで作るカステラは、私もよく子どもたちと作ります。

動物たちがカステラを食べるシーンは、子どもたちが一番長く見るページで、カステラを持っていない動物や2つ持っているのがいるとか細かいところまで見て楽しんでいました。

大きくなってからも楽しめるような長く愛される一冊です。

どろんこハリー   [ ジーン・ジオン ]

子どもの好奇心をくすぐるようなとても心温まる絵本です。これからどうなるんだろうって子どもがワクワクしてページをめくりたくなります。

家族と犬の交流もよく描かれていて、冒険したいという子どもらしさをハリーが代わりに叶えてくれるような理屈抜きで楽しめる絵本です。

どろんこハリー   [ ジーン・ジオン ]

おばけのバーバパパ [ アネット・ティゾン ]

カラフルな絵は子どもの興味を引き込み、どんどん育っていくバーバパパにどうなるのっていう好奇心をくすぐられます。絵の楽しさとストーリーの面白さがあり、何度も読みたくなるような1冊です。

 

おばけのバーバパパ [ アネット・ティゾン ]

きょだいな きょだいな   [ 長谷川摂子 ]

きょだいな きょだいな   [ 長谷川摂子 ]

あったとさあったとさというフレーズは子どもの頭に残り、つい口ずさんでしまうような面白さがあります。子どもの身近なものがきょだいになっていて、それだけでも子どもは大喜びしていました。

園でこの絵本の大きな絵本を読んでもらったと嬉しそうに教えてくれました。子どもが絵本の世界に引き込まれるような絵本です。

 

まとめ

今回は子どもの心を鷲掴みにしちゃうような、保育園や幼稚園で読まれている絵本についてご紹介しました。

年齢別に紹介しましたが、その年齢でなくてはだめということではないのでお子さんの興味に合わせて読んであげてくださいね。絵本は子どもの心を元気にしてあげることができますよ!!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました