絵本読み聞かせアプリの効果やメリットは?絵本読み聞かせとの使いわけについても

絵本読み聞かせアプリ効果やメリット絵本との使いわけも 絵本

こんにちは、hayanemiです。絵本を読んであげたいけれどなかなか時間が取れない時には、絵本の読み聞かせアプリもおすすめです。

実際に我が家の子供にも試しましたが、アプリには絵本が好きなだけ読めるなどのメリットがありますよ!

今回は、親が読み聞かせする場合とアプリの場合との上手な使い分けも紹介しています。

スポンサーリンク

絵本読み聞かせアプリの効果とは?

絵本読み聞かせアプリの良い効果とはどんなことがあるでしょうか?

絵本が好きなだけ読める
絵本読み聞かせアプリには、月額定額制で読み放題サービスを行っているものがあります。そういうアプリを選べば、たくさんのおはなしを子どもに聴かせてあげることができるので、”もうこの本は読み終えてしまったから他の本を読みたい”と子どもにせがまれることもありません。

 

英語の読み聞かせをしてあげられる
英語の読み聞かせ機能が付いているものを選べば、子どもに英語の絵本を読み聞かせをしてあげることもできます。ネイティブの発音で英語の絵本を読んであげられるのは貴重な体験ではないでしょうか。CD付絵本もありますが、それよりも気軽に簡単に使えて便利です。

 

タッチ機能や録音機能でゲーム感覚で遊べる
タッチ機能や音の工夫がされているもの、プロのナレーターが朗読してくれる機能がついているもの、自分の声を録音できる機能など、アプリならではの機能も充実しています。子どもが好きそうな機能がたくさん搭載されている絵本読み聞かせアプリを使うことで、きっと子どもは夢中になって一人で遊んでくれることでしょう。

アプリを使うメリットとは?

タブレット子ども

アプリを使うメリットとしてはどのようなことが考えられるでしょうか??

絵本を何冊読んでもかさばらない
紙の絵本は手元に置いて何回も読みたいものですが、冊数が増えてくると収納場所の確保も大変になってきます。読み聞かせアプリであれば、絵本を何冊購入してもスマホの中に納まってくれるので、収納場所を確保する必要がありません。子どもは好きなだけ絵本を読めて、パパママにとっては収納や片付けの手間も省けるのは嬉しいですね。

 

家計の節約になる
月額定額サービスを選べば、実際の絵本を一冊ずつ買うよりもお得です。また、中には冊数限定で無料で読めるサービスもありますので、まずはそういうものから試してみるのもいいですね。絵本代も積み重なれば家計の負担になりますので、無料のものだけをなるべくうまく使って、本当に手元に残しておきたい絵本は購入するという使い分けをするのも一つです。
スポンサーリンク

絵本読み聞かせとの上手な使いわけ

読み聞かせアプリと絵本の上手な使いわけは、絵本は本をめくったり手触りを感じたりする刺激を受けられるので、ゆっくりと対応してあげられる時は絵本がおすすめです。

アプリは、デジタルの刺激を与えてくれるので絵本とは違った刺激を与えてくれるので使いすぎに十分注意して取り入れてみてください。

紙の絵本の特徴は、実際に本を触ったりめくったりする触覚が育まれます。

読み聞かせアプリが活躍するのはこんなとき!

・家事をしている間など、子どもに一人で遊んでいてもらいたいとき
・外出先でおとなしくしていてほしいとき
・英語絵本の読み聞かせをしてあげたいとき
絵本を読み聞かせする時間は率先して時間をとってほしいものですが、読み聞かせアプリはどちらかというと、パパママが困っている時の子どもをあやす手段として、英語の読み聞かせなど自分では子どもにできないことなどを実現してくれるもの。
使いすぎには十分注意して、うまく取り入れてみてくださいね

まとめ

このように比べてみると、絵本という同じ要素ではありますが、アプリという媒体になると、子どもに与える効果やメリットも違います。

少しでも時間が取れたら絵本を手に取って、一冊をじっくり読んであげましょう。本当は読んであげたいけどYoutubeよりは絵本を読ませたいと言う時や、一人で読めるような時間を作りたい時には活用してみてください。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました