通販で買える秋冬用マスクを紹介!洗濯すると除菌効果はどうなるか機能性と素材を調査

イベント・生活ニュース

こんにちは、hayanemiです。コロナ禍の影響で、外出するときにはマスクが必需品になりつつありますね。最近ではマスクは品薄ではなく、いろいろな種類が選べるようになりました。

秋冬用マスクというのも登場したようです。夏は息がしやすかったり涼しいものが人気のようでしたが、秋冬用ってどのようなものなのか気になりませんか??

秋冬マスクの特徴は?
機能性は?
サイズや色は?

といったことを調べてみました。これからコロナウィルスだけではなくインフルエンザやロタウィルスも気になるところです。機能性のよいマスクを選びたいですね。

スポンサーリンク

通販で買える秋冬マスクとは?

私が見つけたのは株式会社A Holdingsのオンラインショップで購入できる秋冬用マスクです。9/8から予約販売を開始し、9月下旬から発送予定になります。

株式会社A Holdingsの公式オンラインショップはこちらから

この秋冬用のマスクの特徴は素材に銅を使っているということ!銅を使っていることでどういう効果が期待できるかというと

  • 抗菌機能がある
  • 静電気を防止できる
  • 蓄熱効果に優れている。

抗菌って書いてあるマスクもよく見かけますが、化学性の抗菌剤を使っているものは洗ううちに抗菌作用は落ちてしまうようです。

では銅はどうなのでしょうか?

秋冬マスクの除菌効果

銅を使った秋冬用マスクの抗菌作用は、99.9%とかなり強力な抗菌効果が期待できます。さらに銅は洗ってもその効果は持続され、衰えることがないんです。

銅は昔から抗菌効果に優れていることがわかっているのですよ。銅って聞くと金銀に続いて3位というイメージがありますが、抗菌効果に関していえば銅が一位で逆の順位になるんです。

銅は洗っても抗菌作用が衰えないことに加え、これから寒い季節となり肌の乾燥が気になるところですが、銅は静電気を防止してくれる効果が期待できます。さらに一定の体温を保ってくれる蓄熱効果にも優れているため、外出するとの寒さからも守ってくれるのです。

抗菌効果をしっかりと持続するためには、洗い方に注意が必要です。洗濯する際には必ず手洗いをして、風通しの良い場所で自然の風で乾かすようにしてくださいね。アイロンや乾燥機は生地が傷んでしまうのでやめておきましょう。

スポンサーリンク

秋冬マスクの機能性について

銅でできているっていうのはわかってもらえたかと思いますが、どこに銅が使われているのか、色やサイズは選べるの?っていうことも気になりますよね。

どんな素材でできている?

使われているのは銅繊維。マスクの裏側を見ると横線が入っているんです。これが銅繊維になります。本当に銅繊維が入っているということが目で見てわかるような作り方がしてあるんです。

電気が通っているか調べることができる機械で、ちゃんと電気が通ることも確認されています。裏生地なので表から見れば普通のマスク。でもしっかりと抗菌効果があるのはうれしいですね。

サイズや色は選べる?

サイズは2種類から選べます。約145㎜×90㎜、普通サイズは約165㎜×90㎜、大きめサイズは約180㎜×90㎜でした。

フリーサイズ=横:18.3cm縦:13.8cm

Sサイズ  =横:14.3cm縦:12.2cm

一般的なマスクのサイズはSサイズは約横14.5㎝縦9㎝、大きいサイズは約横18㎝縦9㎝なので、横はほとんど変わりませんが縦はどちらのサイズもかなり大きめなことがわかります。
一般男性でも大きいと感じる人もいるようです。鼻から顎まですっぽりと入り、しっかりとウィルスから守ってくれます。立体設計になっているので息苦しくなく息がしやすいマスクなのもうれしいポイントです。
色のラインナップは
ピンク
ブラック
から選ぶことができます。ピンクは肌に近いようなピンク。派手なピンクではなく肌に近い色なので私はピンクをつけてみたいなって思います。
一つ880円で、一つ入り。決して安いとは言えませんが、何度洗っても抗菌効果が持続するなら、人ごみに行くときにはこのマスクを選ぶってのもありかなって思います。
さらに銀と銅のW抗菌のものも発売されました。こちらは1210円で色はブラックのみですが、柄がアニマル、星柄、スターの3種類から選べます。これからもっと秋冬用マスクの種類も増えていきそうですね。

まとめ

今回は秋冬用マスクについてご紹介しました。季節に合わせて洋服をかえるのと同じでマスクも季節や用途に合わせて選ぶ必要があるなぁって改めて感じています。

ただ何となくではなく、自分や子どもにとってより良いものを選べるようこれからもリサーチしていきたいです!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました